学会の概要  
学会誌・出版物  
研究発表会  
研究会  
学会行事案内(技術講習会,選奨等)  
音のなんでもコーナー  
支部のページ  
リンク  

◇ 日本音響学会第74回技術講習会
「21世紀のアコースティック・イメージング 〜超音波診断装置とその周辺技術〜」

期日:平成13年12月14日(金)-15日(土)
社団法人 日本音響学会 事業委員長 金井浩

 アコースティック・イメージング調査研究委員会(秋山いわき委員長)では超音波研究会と合同で標記の技術講習会を企画いたしました。現在,超音波診断装置は医療診断では必須の機器となっておりますが,この装置を取りまく技術はめざましい進歩をとげております。最近では,生体中の音響非線形現象を利用した「ハーモニックイメージング」が開発され,従来の画像では分かりづらかった,心腔内の内膜や心弁などの様子が明確になり,臨床上有効な情報を提供しつつあります。このような超音波診断装置がどのような仕組みで診断画像を作成しているのかを理解することは,アコースティック・イメージング研究からも大きな興味のあるところでありますが,出版物だけでは十分な理解を得ることは難しい現状があります。

 今回の講習会では,超音波診断装置の各部分の原理や構成の関連を易しく理解できるように,それぞれの分野を専門とされる方々に講師をお願いいたしました。ハーモニックイメージングに興味をお持ちの方,医療機関で超音波診断装置を利用されている方,関連企業のエンジニアの方々には,是非ともこの機会をご利用いただき,研修の場としてご活用下されば幸いです。

◎講習内容(担当講師)

[ 1日目 〜医用超音波の基礎〜 ]

  1. 音響学の基礎
    斎藤 繁実(東海大)
  2. 圧電材料と振動子
    児島 俊弘(玉川大)
  3. 超音波診断装置
    椎名  毅(筑波大)
  4. ドプライメージング
    原田 烈光(アロカ)

[ 2日目 〜医用超音波の最近のトピックス〜 ]

  1. 非線形音響とマイクロバブル
    渡辺 好章(同志社大)
  2. ティッシュハーモニックイメージング
    秋山いわき(湘南工大)
  3. コントラストハーモニックイメージング
    川岸 哲也(東芝)
  4. 超音波治療と安全性
    梅村晋一郎(日立中研)
  5. 超音波3次元イメージング
    望月  剛(アロカ)

<< Back

Copyright 2006 The Acoustical Society of Japan. All rights reserved